読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からまとめる社交DB

会話用データベース。

すべらない話「ターちゃん」

すべらない話

 
 
以前、友達と飲んでいたときに
すべらない話をしなければならない状況になった。

中でもこの話は一番いい評価をもらえた話。

すべらない話「ターちゃん」

 
小学5年生の頃クラスに
ヤマモトタカヒロ君という子がいて。

みんなからターちゃんて呼ばれてたんだけど
たまにタコって呼ばれるときがあって。
ターちゃんはタコって呼ばれるのがすごい嫌で
タコって呼ばれるとめちゃくちゃ怒る。

そんな中
音楽のリコーダーの授業で
自分の名前を、ドとレだけで表現してみようという。
どんな名前でも、ドとレだけで表現できるらしくて。

しばらく練習したら
一人ずつ自分の名前を言ってそれを吹くことに。

例えば
「スズキタカシです。レレドレドド」
みたいな感じ。

みんな割と上手に自分の名前を吹いていって
次にターちゃんの番が。

「ヤマモトタカヒロです。レドレドレレレ」

特にひっかかることもなく
次の人の番に。

ん?
レドレドレレレって
タコタコ揚がれ
じゃねえか!?
ターちゃんあれほどタコって呼ばれるのイヤがってたのに
タコタコ揚がれて!
しかも
ヤマモトタカヒロだから8文字のはずだけど
レドレドレレレって7文字!
1文字足りねえ!

考えれば考えるほどおかしくなってくるけど
誰もこれに気づいてなくて。
今でもたまに
このターちゃんのことを思い出して笑ってる。
 
 

広告を非表示にする