【株式投資・ダーツ・簿記・暮らしの日記】

休みの前日は風呂に入らない。

コクリコ坂から

今日は、金曜ロードショーで『コクリコ坂から』を観た。

奥さんは観たことがないと言っていたので一緒に観た。
私は3回目だ。

奥さんの感想としては
面白さがわからない、音楽はいい、とのこと。

自分としては
カルチェラタン周りの人物たちのキャラクターが面白いと思う。

もっと背景とかを知ったら面白いのかもしれないと思い
映画を観た後にネットで調べたが
また観たくなるような興味深い内容もなかった。


実は、『コクリコ坂から』を観るのは
恐ろしかった。
というのも、前に観たときは
8年くらい前のことだが
なぜか朝5時くらいに目が覚めて寝付けなくなったので
ちょうど録画してあったこの映画を観た。
観終わってぼーっとしていた7時頃
父から突然電話があり
母が病気で倒れたと伝えられた。

そのようなことがあったため
この映画を観ると不幸なことが起こるという
ジンクスができていたのだ。

でも、頭のどこかでこのジンクスは誤っているという思いもあった。

なぜなら、初めてこの映画を観たのは
正月近くに実家に帰っていたときだ。
そのときは、母と一緒に金曜ロードショーで流して観ていた。
そして、その数週間後に先ほどのことが起きた。

つまり、母が亡くなる前に
最後に一緒に観た映画なのだ。

なので、むしろ、突然明け方に目が覚めて寝付けない
という現象自体が
よくないことが起きるときの前触れに思える。

ということで、この映画に悪い印象を持っていたことを反省した。