読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からまとめる社交DB

会話用データベース。

青さのしんずい

タカシの話

 
 
タカシが中学の頃に書いた話。

青さのしんずい

ある日、ぼくはそっと目をとじながら、息をひそめた。目の前には、さわやかな、バニラアイスとココアが見えてきた。そうぼくは目をとじても、しゅういのものが見える能力をもっている男。「目まぐるしい男たちだ。」
ぼくは西地区半じゅく一丁目にすむ、高校一年生。名前?名前なんて聞くな!!おれは「目まぐる・男」とゆう名前だ。ちょうど今、「目まじ」と学校から家に帰ってるところだ。すると、ふと目の前に男たちが立っていた。強そうなモンキーたちだった。おれは、もんちっちα(アルファ)と友だちになっていたため、モンキーにかった。

広告を非表示にする